水漏れ修理をしてくれる業者も調べておこう

ヘルメットの作業員

取り付け前に確認

室内

排水の水漏れを防ぐために

洗濯機を新しく買い替えたら、排水時の水漏れを防ぐためにサイズにあった「エルボ」を取り付ける必要があります。エルボとは排水ホースと排水口をつなぐL字型になったプラスチック製の継手管のことです。排水ホースをそのまま排水口に差すとホースがつぶれて排水が上手く出来なくなり、水漏れが起こることがあります。排水ホースを排水口につなぐためにはエルボは必需品です。エルボは東京にあるホームセンターや家電量販店、インターネット通販などで買うことが出来ます。購入するときは、排水口と洗濯パン側の両方の口径に合うサイズのエルボを選ぶようにします。洗濯パンの型番を調べて排水口の直径を測り、メモをしてからお店に行くことをおすすめします。サイズが合わないものを使用しているとホースから水が漏れてしまい、水漏れ修理が必要になります。自分でなんとかしようとするととても大変ですので専門的に取り扱っている水漏れ修理業者に依頼をして対処してもらいましょう。また、取り付けを行なう前にあらかじめ業者を見つけておけば安心です。

取り外し工事と取付工事

新しい洗濯機を買い替えたり、新居に引越しをすることになったりしたら、洗濯機を取り外し・取付けをする必要があります。洗濯機の取り外しや取付は、新しく購入した場合は購入したお店でオプションから頼むことができます。全自動洗濯機の取り外し工事は1500円くらい、取付工事は3000円くらいが相場です。東京ではドラム式洗濯機の取り外し工事は5000円、取付工事は9000円が相場となっています。業者に頼まなくても自分ですればお得になります。取り外しは、排水ホースやアース線、コンセントを抜くだけで簡単に出来ます。取付工事は取り外しより少し難しいですが、排水ホースにエルボをつけて排水口につなぎ、給水ホースを洗濯機に繋げてコンセントを差し込めば完成します。

交換して節約

男性

お家の台所に元々設置してある蛇口は取り外しが可能です。自分好みのものを選んで新しい蛇口に交換することも可能なのです。最近では、節水が出来るタイプや浄水器にもなるタイプの蛇口もあります。

Read More

介護をしやすい環境にする

インテリア

高齢化社会である現代の日本では、自宅で介護をしているという人も多くいるでしょう。そういった人たちの中には、より介護がしやすい環境にする為に介護リフォームをするケースが多くあります。

Read More

IHを導入しよう

男女

お家をリフォームする際にキッチン周りを大々的に替えるというお宅はとても多くあります。その中でも人気なのがクッキングヒーターです。クッキングヒーターはガスコンロと比べて安全なので今後とも需要が高くなるといわれています。

Read More